LCCM住宅って?認定基準やメリット・デメリット・補助金について

公開日:2024/04/15  最終更新日:2023/10/31

Life Cycle Carbon Minus House
LCCM住宅(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅)は、環境への負荷を最小限に抑えることを目指す新しい住宅の形態です。ここでは、LCCM住宅の基本的な情報、認定基準、選び方のポイントについて詳しく探っていきます。LCCM住宅を検討している方はぜひ最後までご一読ください。

LCCM住宅とは?認定基準を解説

LCCM住宅とは、建築から廃棄までのすべての段階におけるCO2排出量のトータルの収支をマイナスにすることを目指す住宅です。これは、地球温暖化対策の一環として推進されており、住宅のライフサイクル全体にわたって環境への負荷を軽減することを目的としています。

LCCM住宅は、高性能な断熱材、家庭用蓄電池、高効率給湯器、太陽光発電システムなどの設備を使用。これにより、エネルギーの無駄を最小限に抑え、CO2の排出を減少させることが可能です。長寿命であり、環境に優しい住宅として、LCCM住宅は注目を集めています。

ZEH住宅との違い

LCCM住宅は、建築から廃棄までの全段階におけるCO2排出のトータルの収支をマイナスにすることを目指します。これに対して、ZEH住宅はおもに「居住中」のCO2削減に焦点を当てています。

LCCM住宅は、CO2排出について包括的に配慮し、ライフサイクル全体での環境への影響を最小限に抑えるのです。一方、ZEH住宅は、居住中の省エネを重視し、その期間内のCO2排出を削減。この違いにより、LCCM住宅はより環境への貢献度が高いといえます。

LCCM住宅の認定基準

LCCM住宅の認定基準は、環境に優しい住宅を評価し、認定するために重要なものです。LCCM住宅の認定は、新築の一戸建て専用住宅に適用されます。さらに、認定を受けるためには、建築から工事が完了してから3年以内である必要があるのです。

これは、新しい住宅建設において環境への負荷を最小限に抑えることを目指しています。LCCM住宅の認定を申請する権利は、建築主、設計者、施工者、販売者などに与えられています。これにより、認定プロセスは複数のステークホルダーによって共同で進められるのです。

LCCM住宅の認定は、IBEC(International Building Environmental Council)内に設置された認定委員会によって審査されます。認定委員会は、環境への負荷を評価し、認定基準を満たすかどうかを判断するのです。これにより、認定プロセスは中立的かつ客観的に行われます。

LCCM住宅の認定基準は、以下のいずれかを満たす住宅が認定されます。

・CASBEEの戸建評価認証制度に基づく認証

環境効率ランクがSまたはAであり、さらにライフサイクルCO2ランクが緑の5つ星(☆☆☆☆☆)である住宅が認定対象です。CASBEEは、建築物の環境性能を客観的に評価するシステムであり、高い評価を受けた住宅が認定されます。

・国が行うサステナブル建築物等先導事業

このプログラムでは、省CO2先導型のLCCM住宅部門において補助金の交付を受けた住宅が認定されます。国の支援を受けたプロジェクトは、環境への負荷を最小限に抑えるために特別な取り組みを行っているのです。

LCCM住宅のメリット・デメリット

次にLCCM住宅のメリット・デメリットについてみていきましょう。

メリット

LCCM住宅は、高性能な断熱材を使用しているため、非常に高い断熱性を備えています。これにより、夏は涼しく、冬は暖かい快適な居住環境を提供。室内の温度が安定しているため、ヒートショックのリスクが軽減されます。

LCCM住宅は、一年中快適な環境を提供できるため、冷暖房などの使用頻度を低くできます。これは光熱費の節約につながり、家計に嬉しいメリットです。

さらに、LCCM住宅は、CO2排出を最小限に抑えるため、環境にも非常に優しい住宅です。地球温暖化対策に貢献しつつ、住民にも快適な生活環境を提供します。

デメリット

LCCM住宅の導入には高い初期費用がかかります。太陽光発電や高性能断熱材などの設備を導入する必要があるため、通常の住宅よりもコストが高くなります。しかし、これに対する長期的な経済的メリットも考慮すべきです。

また、LCCM住宅は比較的新しい概念であるため、建築できる施工業者や建設会社がまだ限られています。地域によっては、LCCM住宅を提供できる業者を見つけるのが難しいでしょう。

LCCM住宅に活用できる補助金・減税措置は?

LCCM住宅を導入する際、補助金や減税措置を利用することができます。以下に、LCCM住宅に関連する支援制度について説明しましょう。

LCCM住宅整備推進事業

国土交通省による支援制度で、LCCM住宅の整備を推進するために行われています。この制度では、建設、居住、修繕、更新、解体の各段階におけるCO2排出量が太陽光発電によるCO2削減量を下回ることを評価し、基準を満たす住宅に対して補助金が支給されるのです。

主な要件

・戸建のLCCM住宅で一次エネルギー消費量が省エネ基準からマイナス25%以上
・ライフスタイル全体のCO2排出量が0以下
・CASBEE B+ランク以上または長期優良住宅認定

まとめ

LCCM住宅は、環境への負荷を最小限に抑えつつ、快適な住環境を提供するための新しい住宅の形態です。初期費用が高いことや施工業者が限られているといった制約があるものの、補助金や減税措置を利用することで、より多くの人々にとって魅力的な選択肢となっています。

LCCM住宅を検討されている方は、メリット・デメリットを比較してご自身の希望に沿った選択をしてくださいね。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

自宅の快適さを向上させるためのソリューションとして、全館空調システムが注目を浴びています。全館空調は従来のエアコンとは異なり、家全体を一定の温度に保つためのシステムです。本記事では、全館空調
続きを読む
LCCM住宅(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅)は、環境への負荷を最小限に抑えることを目指す新しい住宅の形態です。ここでは、LCCM住宅の基本的な情報、認定基準、選び方のポイントにつ
続きを読む
注文住宅を所有する際、長い間快適に住み続けるためには適切なメンテナンスが欠かせません。この記事では、注文住宅のメンテナンス時期と修繕費用の相場について詳しく解説します。さらに、修繕費用を抑え
続きを読む