株式会社コクドホームの口コミや評判

公開日:2021/12/15  最終更新日:2022/01/26

株式会社コクドホーム
住所:旭川市秋月2条2丁目4番6号
TEL:0166-47-0077
定休日:水曜

はじめて自分の家を建てようと思った時、わからないことだらけで不安になってしまうものです。ある程度はネットなどで調べることができますが、ここはやはり家づくりのプロに相談してみましょう。疑問に明確に応えてくれて、不安解消のお手伝いをしてくれるはずです。今回は、快適な家づくりを追求するコクドホームの特徴について説明します。

高い気密性を誇る外張り断熱工法を採用

外張り断熱工法とは、従来は柱と柱の間に挟み込む断熱材を、柱の外側に貼り付ける工法のことです。柱と柱の間に挟み込むと、どうしても断熱層に隙間ができてしまい、柱の部分はまったく断熱されません。

外張り断熱工法では、その隙間を作らない施工が可能になっています。ちょうど魔法瓶をイメージしてみるとよいでしょう。家全体を断熱材がムラなくすっぽりと包み込んでいるので、適切な温度を保つことができます。この施工方法は、建物の形に左右されないため、どんなデザインの家でも気密性が守られるというメリットがあります。

また、使用されている断熱材は、世界最高レベルの断熱性能を誇るネオマフォームです。これは、同じ厚さでも従来の断熱材と比べて高い断熱性能を発揮し、長年使うことによる機能の低下が低いのが特徴です。これにより、長い期間家の断熱性が保持され、快適に暮らし続けることができるでしょう。

コストを抑えつつクリーンな空気を保つ熱交換換気システム

家の空気がこもってきたとき、換気のために窓を開ける方も多いのではないでしょうか。そうすることで、冬の寒い時期は室内の温かい空気が外に逃げてしまい、外の冷たい空気が室内に流れ込んでしまいます。すると急激に室内の温度が下がり、室内を適温に保つために暖房をさらに稼働させることになるでしょう。

コクドホームでは、機械で強制的に換気を行う第一換気システムを導入しています。空気がこもりがちな高気密な建物とも抜群に相性がよく、わざわざ窓を開けなくても計画的に換気をしてくれるというメリットがあります。

さらにコクドホームの換気システムでは、熱交換型を採用しているようです。これは、たとえば冬の新鮮だけど冷たい外の空気と室内の温かいけど汚れた空気を交換したい時、冷たい空気と温かい空気が機械を通ることによって熱だけを交換して、より室内に近い温度で噴出してくれるというシステムです。窓を開けずに室温を保ったまま空気の入れ替えが可能になるので、余計な暖房費を抑える効果が期待できます。

コクドホームの家づくりの流れ

コクドホームでは、打ち合わせから家の引き渡しまで、どのような流れで行っているのか見ていきましょう。

お問い合わせ、ご相談、住宅見学

家づくりを始める時は、何から始めたらいいのか、どのような家を建てたらいいのか、わからないことばかりです。不安なまま家づくりを開始することのないよう、どんな些細な疑問でもスタッフに相談することから始めましょう。

モデルハウスや完成住宅の見学も随時開催されています。実際に建てられている家を見ることで、建てたい家のイメージが膨らむのではないでしょうか。

土地探し、周辺環境のチェック

希望するエリアでの土地探しからお手伝いしてくれます。設計する際の間取りや採光などのプランにも影響するため、立地状況や周辺環境のチェックも行います。

理想のプラン作りや資金計画の相談

お客様が思い描く理想の家づくりプランを聞いて、イメージを共有しながらプラン作りを始めるようです。同時に建築総予算を算出し、住宅ローンの借入額など無理のない資金計画の相談にも応じてくれます。

おおまかなプラン作り

おおまかな仕様のグレードや建築材料は何を使うかなどを決めていきます。あらかじめ相談している資金計画と照らし合わせ、何が必要で何を省くかなどの優先順位がだんだん見えてくるでしょう。

契約

契約するまでに疑問点や不安なことがあれば、納得するまで担当者に相談してプラン作りするようにしましょう。

地盤調査

建築後に地盤沈下が起きないよう、事前に地盤調査を行います。この時、必要に応じて地盤改良工事を行い、地盤の強度を上げます。

着工

いよいよ着工です。今まで図面でしか見てなかったものが、形になっていくのは感慨深いことでしょう。

具体的なデザイン選び

設計図を見ただけでは、内装のデザインをイメージすることは難しいです。そのため、コクドホームでは、着工が始まってから工事の段階ごとに設備の種類や建具の色やデザインなどを、イメージを膨らませながら決めることができます。

中間調査、現場調整

図面通りに構造金物が入っているかなどを、第三者機関が調査します。そして最終段階として、照明やコンセントの位置、棚の高さなど、細かい部分を調整していくようです。

実際に暮らしてみないと見えない不便さがあるかもしれません。完成間近の家を見ながら、暮らしているところを想像しながら調整できます。

引き渡し

ついにお家の完成です。お家が完成した後でも、何か気になることがあったり困りごとがあったりするときには、担当者がいつでも相談に乗ってくれるので心強いでしょう。

 

一生に何度も経験することのない家づくりのため、後悔したくはないものです。そのためには、どんな些細なことでも気軽に相談でき、家が完成した後も親身になってくれるハウスメーカーとの出会いというのも、重要になってくるのではないでしょうか。コクドホームでは、一期一会の心でお客様との対話を第一に、個性に寄り添う心地よい住環境を整えることを大切にしています。ぜひハウスメーカー選びの参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

家は私たちの生活の中心であり、家の快適さは生活の質を左右します。高性能住宅は断熱性能や通気性を向上させ、快適さを最優先に設計されているのです。また、エネルギー効率が高いため、長期的なランニン
続きを読む
高齢者が安心して快適に生活するためには、バリアフリーの注文住宅が重要な役割を果たします。高齢になっても住み慣れた場所で生活を続けることは、心地よい老後を過ごすために欠かせません。この記事では
続きを読む
和室は日本の美意識を感じる場所というだけではなく、室内のバリエーションを増やし、空間の柔軟性を高める重要な要素となります。伝統的な日本の文化とモダンなスタイルが融合した畳空間は、新しい住まい
続きを読む
注文住宅関連コラム
【その他】旭川市の注文住宅メーカー一覧