株式会社HOUSEBOXの口コミや評判

公開日:2021/12/15   最終更新日:2022/01/26

株式会社HOUSEBOX
住所:(営業所)〒070-8004 北海道旭川市神楽4条11丁目2-2
TEL:0166-74-7032

注文住宅で理想やこだわりをつめ込んだ家づくりがしたいけれど、実際にはさまざまな制約があり、すべてを自由に設計してもらうのは無理と諦めてはいませんか?旭川市に営業所を持つ株式会社HOUSEBOXは、お客様が自由に間取りを描き、それを具現化してくれるという徹底したこだわりを持つ住宅会社です。今回は、HOUSEBOXの魅力と特徴をご紹介します。

年間6棟限定の完全フルオーダー注文住宅

最近では、フルオーダー注文住宅と謳われていても、実際は基本的な間取りや仕様がすでに決まっていて、あらかじめ決められたプランの中からしか選べないケースもあることをご存じでしょうか。

建築条件付きの土地に注文住宅を建てる場合や大手ハウスメーカーの注文住宅の場合、このような家づくりとなるケースが多くあります。これではフルオーダーの注文住宅で理想の家づくりをしたいと考える方はがっかりしてしまいますよね。

しかし、HOUSEBOXでは、お客様が自由に間取りを描き、その理想の家を同社の高い専門知識と技術で実現する、「完全フルオーダー」の注文住宅を手に入れることができます。このような完全フルオーダーが可能な理由は、「家に合わせるのではなく、お客様の生活に合わせた家づくり」をモットーとし、年間6棟限定とすることで1棟1棟丁寧に家づくりに向き合っているからです。

HOUSEBOXの家づくりでは、お客様はオリジナルのプランニングシートに必要な部屋を書き出し、キッチンやトイレなどのパーツを当てはめていくことで理想の間取りを作っていきます。

その際、なるべく細かく具体的にイメージできるよう、スタッフの方がアドバイスしてくれるため、一軒家に住むのが初めてという方も安心です。また、HOUSEBOXのスタッフは全員が自宅を新築した経験があるため、実体験を聞くこともできます。

2×4(ツーバイフォー)工法とは

ツーバイフォー工法とは、壁、床、天井の6つの面で家を組み立てる方法を指します。1830年代に北米で生まれ、日本にはその技術が1874年に持ち込まれました。

ツーバイフォーという名前は、使用される木材のサイズが2インチ×4インチ(38mm×89mm)であることに由来しています。ツーバイフォー工法の日本でのシェアは、2020年時点で20%ですが、1874年に導入されて以来、右肩上がりでそのシェア率が上がっています。ツーバイフォー工法には、主に次の4つの特徴があるようです。

耐震性

地震の多い日本の住宅にとって最も重要な性能が耐震性です。ツーバイフォー工法の家は6つの面で地震の揺れを受け止め、その力を分散・吸収するため、地震に強いといわれています。また、あらゆる方向からの力に強いため、台風などの強い風や積雪の荷重に対しても耐久性があります。

耐火性

ツーバイフォー工法で使われる木材は、耐火性にも優れているといわれているようです。その理由は木材の厚みにあります。2インチ×4インチ(38mm×89mm)の木材は、たとえ燃えても表面に炭化層をつくるだけで、内部までは火が届かず、強度を長く保ってくれるのです。

省エネルギー

ツーバイフォー工法で建てられた家は、床や天井が断熱構造となり、魔法瓶のような環境を作り出しているため、断熱性や気密性に優れています。そのため、少ないエネルギーで室内を快適な状態に保つことができ、電気代や冷暖房費を抑える効果があります。

遮音性

ツーバイフォー工法の家は気密性が高く、家の外壁が断熱材や石膏ボードなどのさまざまな素材を重ねた多重構造となっていることから、遮音性も高いといわれているようです。そのため、小さな子どもがいて、室内の音が外に漏れるのが気になる方も安心です。

北海道の気候にあった理想の家を作る

北海道の家づくりにおいて、冬の寒さや雪から暮らしを守る工夫が欠かせません。北海道の寒さの厳しい冬を暖かく快適に過ごしたいという理想の家を実現するのが、高断熱・高気密のツーバイフォー工法の家です。

ツーバイフォー工法の家は、壁の内側に断熱材が施され、6面体構造で気密性も高いため、外気の影響を受けにくいという特徴があります。そのため、冬の室内を暖かく保つだけでなく、夏は涼しく、1年中快適に過ごせますHOUSEBOXでは、北海道の気候にあった理想の家を作るために必須となる断熱材も、お客様の希望に合わせて選ぶことができるようです。

さらに、床下と室内の温度をほぼ同一にする「基礎断熱」を標準仕様としており、基礎の外側と内側の両方に断熱材を施しています。そのため、基礎部分と建物の間に隙間がなくなるため、断熱性は抜群です。隙間がないことにより、ゲリラ豪雨や長雨などによる床下浸水や床上浸水を防ぐ効果もあります。

 

お客様と一緒にゼロから図面を描き、北海道の気候にあった理想の家を作り上げるHOUSEBOX。それは「住む人に合わせた家づくり」を実現するため、年間6棟限定で11棟丁寧に向き合っているからこそ可能なことです。フルオーダー注文住宅を謳う住宅会社に相談したけれど、すべてを自由に設計するのは無理と諦めていた方は、ぜひHOUSEBOXに相談してみてください。高い専門知識と技術で理想の家を実現してくれるはずです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

注文住宅でのホームシアター構築は、映画愛好家にとって夢のようなプロジェクトです。自宅で映画館のような体験を実現するためには、計画段階から細部にわたる配慮が必要です。この記事では、ホームシアタ
続きを読む
自宅の快適さを向上させるためのソリューションとして、全館空調システムが注目を浴びています。全館空調は従来のエアコンとは異なり、家全体を一定の温度に保つためのシステムです。本記事では、全館空調
続きを読む
LCCM住宅(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅)は、環境への負荷を最小限に抑えることを目指す新しい住宅の形態です。ここでは、LCCM住宅の基本的な情報、認定基準、選び方のポイントにつ
続きを読む