注文住宅に設置するトイレ選びのポイントについて解説!

公開日:2023/07/15  最終更新日:2023/08/04

トイレ

家の中で意外と重要なのがトイレです。毎日、家族全員が使う場所なので、ほっとできる空間がいいですよね。生活感のでやすい空間であるため、トイレがおしゃれだと家全体の印象も変わります。また、毎日汚れるので、お手入れのしやすさも重要です。今回は、注文住宅に設置するトイレ選びのポイントについてご紹介します。

トイレのタイプごとの特徴

トイレにもさまざまなタイプがあるので、ご紹介します。

タンクレストイレ

貯水用のタンクがないため、すっきりとしたデザインで人気のタイプです。タンクがないため、場所をとらないので都心の狭小住宅でも人気があります。価格は高額ですが、デザイン性も高く、場所もとらず、掃除の手間がかからず、おすすめです。

ただし、手洗い場を設置する必要があるため、室内の広さや予算によっては難しいこともあります。

組み合わせ便器

昔からある一般的なトイレです。便座とタンクがわかれています。一般的に多く使われていることから大量生産されており、価格も安くなっています。故障した時には、故障した部位だけを修理できるため、修理代も安くなることが多くなります。

ただし、組み合わせてある部分のすき間などの掃除はしにくくなるので、お手入れは他のタイプよりも難しくなります。

一体型トイレ

便器とタンクが一体になっています。組み合わせタイプのようなすき間がないため、お手入れはしやすくなっています。素材は、組み合わせトイレのような陶器ではなく、樹脂製が多くつくられています。

タンクレスと同様、すっきりとしたデザインです。最近では、ハウスメーカーも一体型トイレを標準仕様にしているところが多くなってきています。

システムトイレ

システムトイレとは、キャビネットや手洗い場が一体となったトイレのことです。システムトイレは価格が上がり、それに加えて施工費用も必要となるので、予算に余裕がある場合は良いでしょう。

注文住宅に設置するトイレ選びのポイント

注文住宅を建てるときに、設置するトイレ選びのポイントをご紹介します。

デザイン

値段も大切ですが、一度購入したら長期間使用するものなので、気に入ったデザインのものを選びましょう。タンクレストイレや一体型トイレはすっきりとしたデザインで人気があります。トイレにすっきりとした空間をつくることで、家全体の印象も変わりますよ。

お手入れのしやすさ

最近では、さまざまな機能がついたトイレがあります。音や飛び散りを軽減する泡クッション、密着部分を上げ下げできる電動お掃除リフトアップ、自動で除菌水をふきかけるプレミスト機能などでお手入れがしやすくなります。

このような機能がなくても、タンクレストイレや一体型トイレは、すき間がないためお手入れしやすくなっています。

機能のグレード

オート消臭、音楽、暖房便座、自動開閉、夜間用のライトなどさまざまな機能があるため、自分に必要な機能を考えて選びましょう。グレードが高ければ、その分価格は高くなります。

価格

まずは、トイレ本体の価格です。そして、トイレの機能を増やせば、価格はあがります。また、キャビネットや手洗い場がトイレと一体になっているシステムトイレでは、全体の価格はあがります。

さらに、電気代や水道代を考えて、節電・節水機能も比較してみましょう。トイレは毎日家族が使用するものなので、長期的に考えてください。

注文住宅のトイレ選びで後悔しがちなポイント

広さ

他の空間の広さを確保したくて、トイレの空間を狭くすると掃除が大変なります、また、子どものトイレトレーニングや介護などが必要になると、狭いトイレ空間ではやりづらくなります。

トイレの一般的な間取りは、0.5坪と言われていますが、0.75坪以上あるとサイズやデザインも自由に選べるようです。バリアフリー仕様であれば、1坪あると良いでしょう。

手洗い場

トイレ内に手洗い場を設置する方が増えています。今まで組み合わせトイレが一般的で簡易的に手洗いができました。しかし、今主流の一体型トイレやタンクレストイレにすると簡易型の手洗い部分がなくなってしまうためです。

デメリットは設置することで、トイレスペースが狭くなってしまうということです。0.5坪タイプのトイレだと、ちょっと手狭に感じるかも知れません。スペース的にトイレ内の設置が難しい場合は、トイレの外に洗面台を隣接させた間取りにするなど工夫しましょう。

収納

掃除道具やトイレットペーパーを収納しておけると良いでしょう。せっかくトイレ本体のデザインやインテリアにこだわっても、掃除道具やトイレットペーパーが見えていると生活感がでてしまいます。

実際に使うことを想像してみましょう。手洗い場を設置すると、その下の部分が収納スペースになっていることが多いため、その場合は問題なく収納できます。

まとめ

トイレは毎日使う場所です。そのため、毎日のように掃除が必要になるので、お手入れのしやすさもポイントになります。さまざまな機能が備わっているので、予算とともに実際に使用することを考えて選んでください。

デザイン性の高いものを選び、すっきりとした空間にすることで、家全体の印象を良くします。後で変えるとなると、より費用がかかるので慎重に選びましょう。多少費用がかかっても、納得する商品を選ぶことをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

自宅の快適さを向上させるためのソリューションとして、全館空調システムが注目を浴びています。全館空調は従来のエアコンとは異なり、家全体を一定の温度に保つためのシステムです。本記事では、全館空調
続きを読む
LCCM住宅(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅)は、環境への負荷を最小限に抑えることを目指す新しい住宅の形態です。ここでは、LCCM住宅の基本的な情報、認定基準、選び方のポイントにつ
続きを読む
注文住宅を所有する際、長い間快適に住み続けるためには適切なメンテナンスが欠かせません。この記事では、注文住宅のメンテナンス時期と修繕費用の相場について詳しく解説します。さらに、修繕費用を抑え
続きを読む