株式会社太平ホーム北海道の口コミや評判

公開日:2021/11/01   最終更新日:2022/04/14

会社名 株式会社 太平ホーム北海道
住所(旭川支店) 旭川市豊岡14条6丁目7番13号
電話番号 0166-35-0810
設立 2003年4月1日
資本金 3,000万円
業務内容 建設業全般(設計・施工・監理・建築・資材・木材販売業務)
不動産 (仲介・売買・賃貸・管理・鑑定業務)
損害保険代理店業務、その他関連業務
建築認可 特定建設業許可 北海道知事許可(特-1)石 第18197号
一級建築士事務所登録 北海道知事登録 第(石)4879号
宅地建物取引業者免許 北海道知事 石狩(4)第6884号
公式サイト http://www.taihei-home.jp/

北海道内に6拠点を持つ株式会社太平ホーム北海道は、美しさと北国の気候や風土に合った堅牢さを兼ね備えた住まいを提供!末永く満足できる家づくりを目指しているようです。消費エネルギーゼロのZEHにも対応しているため、断熱性および省エネ性にも非常に優れているのが強みです。この記事では、太平ホーム北海道の特徴を紹介します。

外張断熱工法と充填断熱工法を組み合わせることで高い断熱性能を実現

北国である北海道は、とくに冬は「外に食べ物を出しておくと凍ってしまうから」と、凍結防止のために冷蔵庫を使うほど寒いです。そんな厳しい冬を乗り切るために、太平ホーム北海道では外張り断熱工法と充填断熱工法を組み合わせた、高い断熱性能を実現しています。

W断熱工法を採用!

太平ホーム北海道では、外張り断熱工法と充填断熱工法を組み合わせた「W断熱工法」を採用!「W断熱工法」では次世代高性能断熱材と呼ばれるネオファームを使用し、断熱方法の相乗効果的な利点を活かしています。高気密かつ高断熱の性能を持つと共に、ハイレベルな省エネ住宅をも実現しているようです。

北国仕様の工法で暖かい

「北海道人の想いが、創る家」これが太平ホーム北海道のコンセプトです。そのため、北国の仕様に合った工法を選び、冷暖房費が少なく住まいの寿命をも延ばす工法を取り入れているようです。冬は暖かく、そして夏は涼しい「季節を問わず改定に過ごせる住まい」を提供しています。

断熱性の高い2×4工法

「箱型一体構造」または「枠組壁工法」といって、柱や梁ではなく壁や床など「面」で支えるのが2×4工法の特徴です。1974年に日本に持ち込まれた工法ですが、火災や台風に強い点から右肩上がりに増えています。

また、気密性や断熱性にも優れており、とくに構造体自体が木で構成されているため、コンクリートや鉄骨の構造体に比べて快適に過ごせるようです。

MIRAIEを使用した地震に強い住宅構造

地震大国の日本で暮らす以上、「耐震性は絶対に妥協したくない」という方が多いでしょう。そんな方のために太平ホーム北海道では、MIRAIEを使用した地震に強い住宅構造を採用しています。

そもそも「MIRAIE」とは何か?

住友ゴム工業が開発した、制震ダンパーです。とくに「繰り返す揺れ」に強い効果を発揮し、在来軸組工法用と2×4工法用の2種類があります。

また、揺れ幅の吸収率はなんと、震度7の地震でも最大95%!耐震だけでなく制震にも優れているため、地震によるダメージも大幅に軽減できるようです。

熊本地震でも全壊・半壊0の実績あり

2016年4月に発生した熊本地震ですが、建物の倒壊が相次ぐなか「MIRAIE」を採用した県内132棟の住宅は全壊・半壊0でした。さらに倒壊しなかっただけでなく、損傷もほぼなかったという実績があります。極めて高い耐震性が、ここに証明されました。

地震に強い2×4工法と組み合わせる

6面体構造を持つ2×4工法は、力が加わると分散され変形を防ぐのが特徴。そのため、梁や柱といった線で支える在来軸組工法と比較して「地震に強い」という強みがあります。そんな2×4工法と「MIRAIE」を組み合わせることで、更なる耐震性を発揮する家づくりに取り組んでいます。

風速90mの暴風にも耐えうる高い耐風性

地域にもよりますが、毎年日本には多くの台風が押し寄せるでしょう。過去には昭和41年、最大風速91mの暴風が吹き荒れたことも……。そこで太平ホーム北海道では、風速90mの暴風にも耐えうる高い耐風性のある住まいを提供してくれます。

あおり止め金物を採用

強風で屋根が吹き上げられてしまうのを防ぐために、「あおり止め金物」と呼ばれる構造金具を採用!この「あおり止め金物」は枠組壁と屋根の垂木を強固につなぎ止め、1つあたりの強度は2305N(235kgf)あります。

また、延床面積38坪の住宅でも80個以上使われており、その堅牢さから風速90mの暴風にも耐えられる性能となっています。

ハリケーンにも強い2×4

実は2×4という工法は、台風よりも強烈なハリケーンが襲来する北米大陸で生まれました。そのため、強風や暴風に対抗するアイデアがたっぷり!たとえば、屋根自体が全体的に一面の構造体になっているので、構造的に屋根が持ち上げられにくくなっています。

その他、火災への耐性もあり

2×4工法は、木造による工法の1つです。一般に木は燃えやすいイメージが付きまといがちですが、実際は真逆!火災が起きたら表面こそ燃えますが、やがて燃えた表面に炭化層ができ酸素の供給ができなくなるため燃え方が遅くなります。

同じ条件で鉄やアルミといった他の建材と比べても強度ダウン率が大幅に小さく、明らかに火災への耐性が強いことが明確になります。

 

太平ホーム北海道の特徴について、紹介しました。その他、太平ホーム北海道ではそれぞれ別のテーマを持つ8種類ものデザインを展開したり、光熱費0円の省エネ住宅を建てたりと、さまざまなメリットがあります。モデルハウスも展開しているので、北海道でマイホームづくりを検討している方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

株式会社太平ホームを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

楽しみにしています

先日、契約を済ませました。
契約前の段階から、こちらの質問・要望等に対して親切に対応してくれ、すぐに色々な提案をしていただきました。
約束の時間にも正確で対応も申し分ないです。
いろいろな工務店等に足を運びましたが予算内での標準仕様は申し分ありませんでした。
予算があれば何でもできると思いますが、上を見たらきりがありません。
まだ、完成はしていませんが楽しみにしています。

引用元:e-kodate.com

家を建てるということは、なかなか何度も経験することもありません。何をどのようにしたらいいのかわからず不安な中親切に対応してくれるのは力強いですよね。
中でも一番大事な予算に対してきちんとパフォーマンスを発揮しています。契約前から親切に対応してくれたのはとても誠実に感じますね。
一生に一度の大きな買い物ですが真摯に対応してくれるところにお願いしたいですよね。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

注文住宅でのホームシアター構築は、映画愛好家にとって夢のようなプロジェクトです。自宅で映画館のような体験を実現するためには、計画段階から細部にわたる配慮が必要です。この記事では、ホームシアタ
続きを読む
自宅の快適さを向上させるためのソリューションとして、全館空調システムが注目を浴びています。全館空調は従来のエアコンとは異なり、家全体を一定の温度に保つためのシステムです。本記事では、全館空調
続きを読む
LCCM住宅(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅)は、環境への負荷を最小限に抑えることを目指す新しい住宅の形態です。ここでは、LCCM住宅の基本的な情報、認定基準、選び方のポイントにつ
続きを読む